歯科医師 佐々木 昭知 自己紹介

写真佐々木先生大学卒業後、多くの臨床経験と日本国内、海外の歯周病研究者の指導をもとに歯周病治療に重点を置きながら歯科医療に従事してまいりました。
現在の研究から、人の全身の病気の多くと歯周病には因果関係があるといわれていることはご存知の方も多いかと思います。何気なく毎日飲食に使用する歯、口腔内を、症状が現れる前からお手入れすること、健康状態の維持、また、現在歯周病でお悩みの患者様への口腔ケアに対応しております。

また、成長期に心配される歯並びや咬み合わせなどについては、これまでに咬合誘導について研鑽を積んでまいりました。簡単な歯列不正であれば歯の生え変わりの時期にマウスピースを使って治療することができます。普段受診される歯科検診時に、保護者様へ状態の確認及び説明を行い、お子様の歯の成長をお手伝いしております。お子様の歯列不正は、状態とタイミングにより、歯の生え変わりの時期にマウスピースを使った咬合誘導による治療が可能ですのでご相談下さい。困難な症例は矯正歯科医をご紹介いたします。

今回シンガポールで歯科医療に従事させていただくにあたりこれまでの経験と知識を活かし、皆様のお口の健康のため最善を尽くしてまいります。