インプラントQ&A インプラント治療の利点について

インプラント治療とは、どのようなものですか?

インプラントインプラント治療は、歯が無くなったところに人工的に歯を作るためのひとつの治療方法です。人工の歯の根を顎の骨に植え、その上に歯冠(歯の被せ物)を接続します。

インプラント治療はブリッジにするのと比べて、どんな利点がありますか?

ブリッジでは、歯の無くなったところの両隣の歯を削らないといけない(歯の神経の処置が必要になることもあります)のですが、インプラント治療では両隣の歯は基本的に処置する必要がなく、単独で歯を作ることができます。
また、ブリッジは隣に歯がなくては作ることができませんが、インプラント治療は両隣に歯が無い場合でも大丈夫です。

インプラント治療は部分入れ歯と比べて、どんな利点がありますか?

部分入れ歯だと違和感があり、食べにくい、歯ぐきがやせる、話しづらい、入れ歯を押さえる金属のバネが付いているなど見た目が気になりますが、インプラント治療では、元の歯と同じような感覚で、食事をしたり、話したりできます。
また、インプラントを骨の中に埋めてあることで噛む力が刺激になり歯ぐきもやせにくくなります。

インプラントで噛めるようになった後は痛くないのですか?

一般的な場合では噛むことによっての痛みはありません。
手入れが不十分で、普通の歯でいう歯槽膿漏のような病気になると、インプラント周囲に痛みが出たり、インプラントが動いたりする場合があります。

インプラント治療にはどんな欠点がありますか?

土台を植える手術を必要としますので、インプラント治療が患者さんにふさわしいかどうか、かみ合わせや骨の状態、患者さんの健康状態も含め検討する必要があります。
また、時間と費用がかかるということがあります。さらに、メンテナンスをしっかりしないと、長い間使っていただくことができない場合があります。

インプラント治療に危険性はないのですか?

顎の骨の中には血管や神経などがあり、インプラント手術に際してこれらを傷つける危険性が無いか十分に検討して安全に治療を進めます。

骨の中に入っているインプラントは、どんな材料ですか?

チタン製の金属です。
体内に埋め込む医療用金属材料として医科領域で最も多く使われているものです。
チタンは生体内に埋入する医療用材料で最も安全なものです。
ただし、金属ですのでアレルギー反応を起こす患者さんもおられます。
また、他の金属アレルギーの発生頻度と比べ1/10000~1/100000あるいは、もっと少ないといわれています。

カテゴリー: コラム パーマリンク