日本人学校中学部の職業体験学習2

痛みを感じることは多くの方々が経験されているかと思います。
ケガや病気のときには痛みを伴っていることがほとんどです。
ここデンタルクリニックでも歯や歯茎の痛み、腫れ、ケガ、腫瘍などといった症状で
多くの方が来院されます。
程度に差異はあれ、痛みは辛い、また不快な症状です。これらを解消し、口腔内を快適な
良い状態へと治療を行っていき、それを維持していく事が私たち歯科医の仕事なのです。
そして患者さんの笑顔を見られることが、私たち歯科医の一番大きなやりがいと
言えるでしょう。

今回シンガポール日本人学校中学部より4名の生徒さんが職業体験に来られました。
生徒さん達、少し緊張ぎみで職業体験がスタートしました。
普段何気なく見ていることも実際に自身で始めてみるとなかなか上手くいかない・・・
はじめて手に取る道具ですから当然です。
いつも慣れている自分の歯は上手に磨けますが他の人の歯を触るのにはコツがいります。
歯鏡といって皆さんよくご存知の歯科検診などでよく使う小さな丸い鏡ですが、これを人の
口の中に入れて操るのが実は大変・・・
なかなか思うようにこれを使って歯を診れません。上手に扱わないとすぐに曇るし、
見たい方向と違う方向を鏡が映し出していたりと、苦闘しながら生徒さんたち
がんばりました。一生懸命な姿は将来が楽しみです。
たくさん勉強をして多くの知識を吸収し、みなさんの将来に役立てて下さい。
今回体験実習に参加された生徒さんの感想と評価です。

DSC_0596

DSC_0597

ts
tsmyos

カテゴリー: お知らせ パーマリンク